革新紡績

革新紡績

今回は通常使われるリング紡績以外の革新紡績と言われる方法についてご紹介いたします。現在でもリング紡績は主流ではあるが近年では革新紡績の比率が上がってきている。この背景には、革新紡績のほうが生産能力が高いのことと従来のリング紡績では作れなかった構造の糸を作ることが可能で新たな特徴をもつ糸の開発が可能になった点がある。

オープンエンド紡績(OPEN END SPINING)

ドラフトされたスライバーをコーミングローラーで繊維束をばらばらにし、高速回転するローターの内部へエアーで供給することにより、繊維束の連続性を途中で一時断ち切り、既にできている糸側の開いた端に次々と繊維を供給しながら加撚し、巻き取る方法で、繊維束の途中で端部(エンド)を作るため、オープンエンド精紡という。一般に端部を作るのに空気流が利用されるので、空気精紡とも呼ばれる。機械的には200メートル/分までの高速が可能である。糸は均斉度が高く、欠点も少ないが、太番手が中心である。アメリカで広く普及しており、アメリカの糸といえばほとんどがオープンエンド。HANESの3Pパックが代表的。

多数の穴を有し並列に配置されたドラムに繊維を吸引しつつ、ドラムの回転とドラム同士の摩擦で加撚するフリクション式もあるが、極く一部の使用に限定されている。

一般的にオープンエンドで作られた糸は太番手ということもあるが、リングに比べるとふわっとした(撚りがやや甘いので嵩だか感がある)独特の風合いを持つ。インナーというよりはTシャツといったしっかりしたアウターに向く。

ヘインズブランドを代表する3枚組みTシャツです。◆HANESクルーネックTシャツ3枚セット

【Hanes/ヘインズ】半袖Tシャツ2枚セット

【ELEM -エレム-】3段テキストTシャツ(イエロー)-4伝- 070413春05

エアジェット精紡(AIR-JET SINNER) 

繊維束にエアを噴射して仮撚りを加え、繊維束から遊離している繊維を繊維束に巻き付ける結束式と音速レベルの高速空気流が吹き出しているノズル内で繊維が旋回することによって撚りが付与される方法がある。結束式は結束した繊維以外は平行のままで、リング精紡糸のような撚りはなく、糸質、風合いはリング糸と異なる。後者は村田機械が開発した方式で“ボルテックス”と呼ばれる。450メートル/分の高速も可能で、毛羽やピリングが少なく、吸汗性、速乾性にも富んでいる。

近年よく使われている方法で、糸構造(撚るというよりは絡みあう感じ)により、吸汗性、速乾性に富み、毛羽が少なく、独特のシャリ感(ドライタッチ)を持つ。

『クールビズ対応』 ヘインズ / ドライコットンクルーネックTシャツ / ホワイト / 11-107-010

『クールビズ対応』 ヘインズ / ドライコットンVネックTシャツ / ブラック / 11-108-090

Hanes(ヘインズ) DRY-COTTON ボクサーブリーフ/ブラック

Hanes(ヘインズ) DRY-COTTON ボクサーブリーフ/ホワイト

お悩み解決本舗で悩み解決

お悩み解決情報検索サイトでいろんな情報をゲット

管理人の偏った趣味で集めたサイトがいっぱい

通常よりおもしろい情報をゲットできます。

悩み解決サイトで悩み無用!

| | コメント (0) | トラックバック (1)