« オーガニックコットンの最近の動き | トップページ | これから紫外線対策にUVボレロ »

インフルエンザ予防に効く素材

豚インフルエンザが世界を襲い、1万2千人ほどの感染者がすでに出ている。発見当初は死者が出るなど大変な騒ぎとなったが、ここにきて休校していた学校が今日から始まるなど社会の現象としては沈静化しつつある。

ここが変だよ日本人ではないが、マスクが売り切れるほどみんながマスクをして町を歩く状況は海外から見ると滑稽らしく、実際感染した人がするのは有効だが、感染するかしないかというレベルでいうとしてもしなくてもそう大差はないらしい。ということで私も初日こそマスクをしたがそれ以降はしていない。まあ、それでもいたって元気な私です。

ここ20年ほどインフルエンザにかかったことがない。私の体を調べてもらえば何か抗体が見つかるのではないかと思ったりもする。

そんな話はおいておいて、こんな状況なので我が家も子どもたちがインフルエンザかかったら心配。そこで市場でインフルエンザ対策の素材があるかどうか調べてみた。

シキボウの抗ウイルス素材「フルテクト」

農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究所との共同研究によって生まれた素材。インフルエンザウイルスを不活性化する機能がある。主に「フルテクトマスク」として販売されており、今年は上半期150万枚、下半期200万枚の受注がある。

インフルエンザ・花粉対策・予防に!(新型・豚・鳥・結核)フルテクトマスク(1箱30枚いり)

楽天市場でもほとんど売り切れでした。これなら予防に有効な気がします。

その他衣料品でもフルテクト素材が使われています。主に食品関係向けですね。

フルテクトの抗ウイルス効果で安心のスペック食品加工/白衣/上着フルテクトの抗ウイルス素材

抗ウイルス繊維使用なので衛生的です!フルテクトジャケット 抗ウイルス繊維使用 S~4L

ダイワボウノイでは、抗ウイルスとアレル物質吸着・分解機能を両立した高機能マスク「アレルキャッチャーマスク」を昨年10月から全国の「セブンイレブン」で販売を開始した。今年3月末までに300万枚、4月だけで40万枚の販売となっている。

信州大学、京都産業大学鳥インフルエンザ研究センターと共同開発した抗ウイルス素材を使用。レーヨン不織布を特殊加工でカチオン化することでプラス基を持たせた。ウイルスはマイナス基を持つため、プラス基がウイルスを捕集・分解して口腔内に侵入することを防ぐ。フタロシアニンを特殊加工することで花粉やハウスダストなどアレル物質も吸着・分解する。

【在庫あり】50個緊急入荷!★新型インフル上陸!★今こそマスクだ!★医療用のアレルキャッチャーマスク といった形で大手紡績メーカーはインフルエンザ、花粉症対策素材に力を入れている。今回もインフルエンザ銘柄ということでかなり注目を浴びていた。今日は祭りの後でかなり下がってましたが・・・ わが社もこういった分野に参加してみたいが今の時点では研究機関が無いので難しそう。得意な分野で頑張るしかありません。とはいえ現代の日本市場は本当に厳しく、安いか特徴がないと売れませんね。私もこの状況に負けないように頑張りたいものです。

わらないのではないかと思う。実際は中々変わるということは難しいのですが・・・

お役立ちサイト
吉田カバンPORTER情報ブログ
吉田カバンで行こう 
吉田カバンのPORTERっていいよね
ヘインズfan
BAGGY PORT大好き!な男のブログ
薄毛よさらば
糸屋の肌着
おもしろ!
お役立ち!!パーティグッズ!ご紹介!!

|

« オーガニックコットンの最近の動き | トップページ | これから紫外線対策にUVボレロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/318312/29789708

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザ予防に効く素材:

« オーガニックコットンの最近の動き | トップページ | これから紫外線対策にUVボレロ »